JAL国内線のクラスJシートに乗ってみた!1000円でビジネスクラス気分

いいなと思ったらシェアしてね!

沖縄に行った際にJAL国内線のちょっと贅沢なシート「クラスJ」に乗ってみました。 +1000円でビジネスシート気分! 海外旅行でビジネスに乗るのはちょっと敷居が高いですが、国内線なら気軽に乗れる金額で贅沢広々なシートが体験できます。 初めてエコノミー以外のシートに座ったのでテンション上がりまくり! キャンセル待ちが出るほど人気なので早めにチェックがオススメです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

JAL国内線のクラスJシートに乗ってみた!

荷物を預けるカウンターでクラスJに座席指定変更できます

羽田空港でJALの荷物預けカウンターに行くと、「クラスJにまだ空きがありますが変更なさいますか?」と聞かれました。 その時は「クラスJ」がなんなのかわかってなかったのと、窓際の席を指定していたので変更せず。 帰りの那覇空港で「せっかくだからクラスJに乗ってみようか?」となり、同じく荷物預けカウンターに行ってみることに。

那覇空港ではクラスJシートへの変更の案内はされなかったので、空いてないかなーと思いながらダメもとで聞いてみると、「空きがあるので変更しますね」とのこと。 やった! 一人1000円を払って変更完了です。

その後搭乗口で待っていると、「クラスJは満席になったので受付を終了します。」とアナウンスがありました。 どうやら人気の様子…。

シートは革張りでひじ掛けも広々!

クラスJ

これがクラスJシートです。 窓側2列、真ん中は4列です。
黒い革張りのシートで、ひじ掛けも広く、圧迫感なく座れます。
クラスJの窓側

窓側はこんな感じ。 2列なのでかなーり余裕があります。
クラスJの足元

足元も広々です。 荷物を置いても余裕な感じ。 足をまっすぐ前にぴーんと伸ばせそうなくらい広いです。
クラスJのリクライニング

リクライニングは背もたれと足元の二つ。 電動ではなく体重をかけて倒すタイプです。 足元のリクライニング、めちゃくちゃ楽ですね。 私は離陸してから着陸前までずっと使ってました。 飛行機に乗るといつも感じるむくみも軽減されたような気がしました。

クラスJのリモコン

リモコン的なものはサイドに。 テーブルはひじ掛けに収納されています。 残念ながら映画などが観られる液晶パネルはありませんが、Wi-Fiが無料で使えたので問題なし! ネットしたりLINEしてたらあっという間に到着でした。

降りるときはクラスJ専用出口から!

降りるときは一番前の出口から出られます。 エコノミーとの間にはカーテンが引かれ、クラスJ専用の出口になります。 エコノミーの前にも数列クラスJシートがありますが、真ん中の出口から最初に出られるので、どちらにしても優先的に降りられます。 早く降りたい方には便利! 荷物のピックアップがない人はめちゃくちゃ早く出られますね。

いっつも飛行機が到着してから降りるのに時間がかかっていてうんざりしていたので夢のようだ…。

おわりに

+1000円でビジネスシート的な体験ができる「クラスJ」のご紹介でした。 窓際席はきっと人気なので事前の予約が必要ですが、当日でも乗れるので荷物の多い方やぐっすり熟睡したい方などにはとても便利でお得なシートです。 私は今後JALの国内線に乗るときは絶対クラスJにしようと決意するくらい快適でした。 これで1000円って安すぎる~!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

いいなと思ったらシェアしてね!

よかったらフォローしてね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク