ドラゴンズドグマ ダークアリズンにハマってます|覚者さまは私の理想の男♥

いいなと思ったらシェアしてね!

もう何年も「ドラゴンズドグマ ダークアリズン」にハマってます。 時間があるときにちまちま進めて今は6週目。 知人からもらってそこまで期待していなかったゲームでしたが、ここまでハマるとは…! 私自身ゲーマーでもなんでもないただの主婦ですが、主人公のキャラを作りこめることと、異世界に迷い込んだようなこのゲームの楽しさに夢中です。 今年の10月にはPS4でも発売されるそうなので、そっちも気になる!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラゴンズドグマ ダークアリズンにハマったわけ

主人公のキャラクターの自由度が高い!

私はゲームをするときに主人公の見た目をすごく重要視するタイプです。 ファイナルファンタジーでも10はドンピシャだったけど、12はバッシュよりバルフレアの方が好きだった。 そんな私にとってドグマのキャラ設定の自由度の高さはかなーり魅力的でした。 最初のキャラ設定で2時間くらいかかったよ…(笑) 頭の中にある理想の顔を表現するって難しいぞ! でもちょっとずつ修正してかっこよくなっていく主人公の顔を見てるとドキドキします。 この顔を見たいがためにプレイしていると言っても過言ではない。

2週目からは好きな有名人の顔に似せて作ったりもしました。 一番しっくりきたのはエディ・レッドメイン。 うまく再現できなかったのがレオナルド・ディカプリオでした。

通常のプレイではなかなか主人公の顔はアップで見えませんが、ムービーになるといろんな表情を見せてくれます。 王女を押し倒すシーンもあるので、ここはイケメン男子で作っとくのがオススメ! 女同士でもそれはそれで美しいけどね…。

「ポーン」という存在の大きさ

ドグマの世界では主人公と一緒に冒険する仲間「ポーン」という存在があります。 ポーンは人間に恐ろしく近い見た目だけど、人間ではなく、主人公<覚者>を助ける忠実な従者なんだとか。 
冒険中にいろいろアドバイスをくれますが、最初はなんか的外れなコメントばっかり…でも大丈夫! 一緒に冒険を続けるうちにポーンは学習し、本当に頼りになる存在になります。 戦闘中の動きなんて最初と今では天と地ほど。 阿吽の呼吸でサポートしてくれるポーン、かわいいぞ。

このポーン、主人公と同じように自分で見た目や声を設定してずっと一緒に冒険するメインポーンと、ほかの人が作ったポーン2人の計3人までをお供できます。 他の人がデザインしたポーンたちもみんなそれぞれ味があって面白い。 ここでもついつい顔で選んでしまいがちな私ですが、美男美女ばっかりではつまらないので、ときどきすっごく大きないかついポーンを借りてみたりします(笑)

主人公がレベルを上げて知識を増やして成長していくのと同じように、ポーンも一緒に経験し強くなっていく。 広大な世界で一人でプレイしているのに孤独を感じることなくプレイできるポーンの存在はとても大きいです。 そしてこのポーンの存在が、実はストーリーに大きく関わってきます。 この設定、深いです。

美しいグラフィックと切ない音楽

ドグマの世界はそれはそれは美しい。 夕日や夜の闇、そしてまぶしい朝日など、冒険中にたくさんの美しい景色を見せてくれます。 思わず立ち止まってアングルを変えて空を見てしまう…。

そしてその景色にぴったりな切ない儚げな音楽。 覚者を待ち受ける運命とも呼べる辛く苦しい冒険を優しく癒してくれる気がします。

例えるなら、聖歌のような。 神々しいまでの美しい音楽が私がプレイに没頭できる理由の一つです。

ストーリーが深い!

ドグマを一週目クリアしてエンディングを迎え愕然としました。 こんなエンディングってあり? 今までの冒険はなんだったの?って。 でもその先には希望がありました。 ポーンが繋ぐ、覚者の想いが。
今まで分かりやすいハッピーエンドのゲームしかしてこなかったので、本当にびっくり。 でもこのゲームの醍醐味ってきっとそこにあるんですよね。 2種目をクリアして初めて真のエンディングなのだと思います。 いや、2週目でも「真のエンディングに近づいた」くらいかな?

覚者とは何なのか、ポーンとは何なのか、ドラゴンの存在とは何なのか。 そして、意志とは何なのか。

クリアした人それぞれにその問いを投げかける、ストーリーの深さ。 自分なりの真の答えを求めて何週もプレイしてしまうのかもしれません。

黒呪島の敵が強すぎる問題

ドラゴンズドグマ ダークアリズンにはストーリーの本編とは別に黒呪島という島での冒険があります。 これは進めなくても全くストーリーには関係ないんですが、こちらはこちらで何か物語がありそうな予感。

6週目でようやく半分ちょっと進めたところなので、まだ黒呪島がなんなのか見えてきてないですが、この黒呪島の敵が強すぎて…強化とか何にも考えずにのほほんとレベル100になったくらいでは倒せない敵がいーーーっぱいいます。 本編まったり進めつつ、飽きてきたら黒呪島でちょっとレベル上げてアイテムとって…こんな風に進めていたらいつのまにか6週目。

いつになったらクリアできるのか途方に暮れるレベルの敵がわんさかいて、まだまだやることはあるぞ!って今日も地道にレベル上げてます。 こういう、飽きずに何周も楽しめる要素って大切だ。

おわりに

大好きなドラゴンズドグマについてちょっと書いてみました。 間違いなく人生で一番はまっているゲームです。 今日は疲れたなーとか、ストレスたまったなーというときに現実逃避できる美しいオープンワールド。 PS4の発売も近いので、いよいよPS4購入しちゃおうかなぁ。 あ、ちなみにエンディングで抱き合う相手は今のところ5回中4回オルダスです。 一番最初はセレナだったのに…、くっ…!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

いいなと思ったらシェアしてね!

よかったらフォローしてね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク