[マンガ]全女子の憧れ・吸血鬼との恋| デビルズライン1巻 のあらすじと感想

いいなと思ったらシェアしてね!

デビルズライン1巻 を読みました。個人的趣向になりますが、やっぱりイケメン吸血鬼と人間の女性の恋愛ものは永遠の憧れです。その吸血鬼が誠実で不器用だと尚可。そんなわたしのツボを確実に抑えているマンガを見つけました。これは続きが気になる!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

デビルズラインとは

ひょんなことから吸血鬼の警察と人間の女子大生が出会い、数々の事件に巻き込まれながら恋に落ちていくラブSF?です。

吸血鬼の存在が隠されている現代社会で、偶然出会った二人。吸血鬼であるがゆえに制約も多く、素直になれない。周囲で起こる凄惨な殺人事件の数々。グロい描写もありながら、ピュアな二人のやりとりにほっこりできるマンガです。

1巻 あらすじ

怪物は、あなたの側にいる——。
連続する吸血殺人。闇に紛れてうごめく怪物達。
そして恋愛に疎く、やや危なっかしい大学院生つかさの身に迫る危機。
愛と欲望、暴力と献身の交錯するダークファンタジー。

街では吸血鬼による殺人がうわさになっていた。ある日、大学院生の「つばさ」は彼女に思いを寄せる「秋村」とともに夜道を歩いていた。つばさはふと、明らかに顔色の悪い不審な男「安斎」につけられていることに気が付く。逃げようとするつばさと秋村だったが、その男は秋村に「よう、吸血鬼」と声をかけた。吸血鬼だったのは友人・秋村だったのだ。

警察である安斎によって捕まえられた秋村。つばさは安斎に送られて自宅へ戻る。安斎は泣いているつばさを慰めるが、ふとつばさが口に怪我を負って出血していることに気が付いてしまう。血の欲望を抑えられなくなった安斎はつばさに強引なキスをし覆いかかる…!

作者は本作が初連載となる花田陵さん

作者の花田陵さんですが、本作「デビルズライン」が月刊『モーニング・ツー』初連載のようです。
1987年6月15日生まれ 愛媛県出身 関東在住 女性の方です。

デビルズライン1巻 感想

吸血鬼ならではの不健康さと身体能力がいい

吸血鬼の安斎は基本的に顔色が悪い、体調が悪そう、でもすごい身体能力高い。その不健康で退廃的な雰囲気がたまりません。映画「トワイライト」のエドワードを思い出しますね…。

青白い顔に冷たい肌、でも目が離せないほど美しい。日本人の吸血鬼でもこんなに美しいのかと感動します。そして、大事な時には命を懸けて守ってくれるけど、電柱を飛んでベランダから入ってくるけど、バリバリ最強ではない。こたつに入って「あったかい・・・」って寝ちゃったりします。そんな弱さも母性本能をくすぐる感じでいい!

デビルズライン1巻の一番の萌えシーン

つばさが大学の講師に襲われそうになったところを助けた安斎ですが、つばさが襲われたことへの怒りで鬼(本作では吸血鬼のことをこう呼んでいます)に変異してしまい、講師に重症のけがを負わせてしまいます。その後、手のひらに付着したつばさの血液に欲情し、鬼に支配されてしまう…。

その後、しばらくつばさの前に姿を現さなかった安斎ですが、クリスマスの日に耐え切れずつばさの部屋に忍び込みます。安斎の上着を着て寝るなど、安斎を待ちながら襲われた恐怖を和らげようとしていたつばさは、安斎がやってきたことに安心し、思わず涙…そして安斎に抱きつき、安斎もそれを受け止めるのです。

このシーンが、ほんっとキュンキュン! 全女性憧れのシーンです。このシーンだけでも1巻読んだ価値ありました。

俺は汚い

体の中に醜い鬼を抱えながら

正義の味方気取りか

でも今だけは  傍にいて・・・・やらないと・・・

汚くなんかないんですよ、安斎は本当に美しいんですが、こういう「女性を守る」男性の姿に女は弱い~!そして、そんなシーンですが、会話は「鍋いつする?」っていう、こっちが恥ずかしくなっちゃうくらいピュアな二人。

一緒にいるとつばさは不幸になると葛藤する吸血鬼の想い

安斎と一緒にいることで何度か助けられるつばさですが、安斎自身が興奮して鬼になってしまうとつばさを傷つけてしまう可能性があるため、安斎は一緒にいるべきではないのでは?といつも自問自答しています。
でも結局好きな気持ちが勝って会いに来てしまう。その自己嫌悪するシーンが、つばさへの想いの強さを表していて、応援したくなります。

つばさは会いに来ない安斎に対して、嫌われちゃったのかな?とか思うんですが、ホント二人ともネガティブすぎてムズムズする(笑)

やっと素直になって「お前が好きだ」と告白するんですが、今度は鬼を狙撃するスナイパーに撃たれて邪魔される…なかなか二人の距離は縮まりません!でもそのモヤモヤがいいんだ~!

デビルズライン 他の巻の感想はこちら

[マンガ] 人間と吸血鬼の共存| デビルズライン2巻 のあらすじと感想

デビルズライン を読むには

デビルズライン1巻の第3話まで無料で読めます

モーニング公式サイトでは デビルズライン1巻の第3話まで無料で読めます。上記でご紹介した デビルズライン1巻個人的最大のキュンキュンポイントも3話目で見られますので、ぜひ読んでみてください。

モーニング公式サイト デビルズライン

本日9/23 デビルズライン8巻 発売

本日9月23日にデビルズライン8巻 が発売になります。まだ2巻目に突入したばかりなので、急いで追いつかねば…!
安斎みたいな吸血鬼が現実にいたらいいのになぁ~! 映画化しないかな~と妄想しています。
この先もキュンキュンさせてくれることを期待して❤

スポンサーリンク
スポンサーリンク

いいなと思ったらシェアしてね!

よかったらフォローしてね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク