IQ246第6話 のあらすじネタバレと感想|ついにマリアTの正体が…?

いいなと思ったらシェアしてね!

iq246第6話
IQ246第6話 のあらすじネタバレと感想をご紹介!
2016年11月20日放送のIQ246第6話、ゲスト出演者はMEGUMIさん!
宝くじを巡って行われる殺人事件、それは売れない画家が身内を手にかけた悲しい事件だった。真相を追う沙羅駆の身に危険が降りかかる!そしてついに姿を現したマリアTの正体とは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

IQ246第6話のあらすじ

人畜無害な男が殺された理由

いつものように屋敷で暇を持て余していた沙羅駆(織田裕二)は奏子(土屋太鳳)が手にしていた新聞に掲載されていた未解決の殺人事件記事に目を留める。それは3週間ほど前に都内のとある橋の下で鈴木守(今野浩喜)という男が他殺体で発見された記事だった。
周囲から人畜無害で殺される理由が見当たらないと評されていた鈴木守が何故殺されたのか・・・。事件に興味を抱いた沙羅駆は奏子、賢正(ディーン・フジオカ)と共に被害者のアパートを調査に訪れる。

被害者は宝くじに当選していた

被害者の鈴木守は工場で真面目に働く地味な男で、人柄も誠実で質素な生活を送っていたようだった。そのため警察では怨恨の可能性が見当たらず、通り魔の犯行として捜査を進めていた。だが、沙羅駆は被害者の部屋に残された高価なフィギュアや株の購入を予定していたと思われる資料などから「この事件は連続する」と推理する。

連鎖する殺人

数日後、鈴木守が株購入を相談していた担当者で証券会社勤務の笠原亮次(和田聰宏)が自宅の階段から落下し死亡していたことが判明する。死んだ亮次は返済が滞るほど借金があり、それが原因で別居中の妻・葵(MEGUMI)とは離婚調停中だったが、現場検証では亮次が死ぬ間際、ワインとキャビアを食するほど優雅な生活を送っていたことが判明する。警察が事故死と判断を下そうとする中、いつものように勝手に現場検証に乱入していた沙羅駆は弟の訃報を聞いてやって来たという亮次の兄・壮一(平岳大)に遭遇。壮一の様子を見て興味を抱いた沙羅駆は早速、壮一の自宅を訪ねていく。

連鎖する殺人

壮一は画家だったがコンクールなどの賞にもまったく恵まれず、画廊からも声がかからないいわゆる自称画家で、最近まで経済的には決して恵まれていないようだった。ところが亮次の死と時を同じくして高級マンションに引っ越すなど羽振りの良い様子で……。

IQ246第6話 を観た感想

沙羅駆に操られる無邪気な奏子

沙羅駆のマジックに簡単に引っかかって驚いている奏子がめっちゃかわいい。奏子キャラ、回を増すごとにどんどん好きになってます。沙羅駆と奏子のやりとりを微笑ましく眺めている賢正もいいんですよね。一緒に過ごすうちに沙羅駆や賢正に奏子への親しみがわいているのがよくわかります。
何気ないやり取りに見える沙羅駆と奏子の会話ですが、今回もこのやりとりから新しい事件に出会います。ストーリーのつながりがわざとらしくなくてイイ!

今野浩喜さんまた殺されちゃった…

ドラマ「そして誰もいなくなった」でも、無残に殺されてしまった今野さん。今回も鈴木と言う役であっさりとお金のために殺されてしまいます。しかも全く非がなく、宝くじに高額当選しちゃっただけという悲しさ。
宝くじが当たってウキウキしてる今野さん、かわいいです。そし誰みたいな真剣な役よりもこっちの方がしっくりきますね(笑)

マイルドになった?慣れただけ?

ちょっと沙羅駆の話し方、マイルドになってませんか? 初期の沙羅駆と世界陸上の織田裕二さんを足して2で割ったくらい。まだ癖のある話し方ではあるけど、ストーリーが頭に入ってこないほどではないような…。それとも私が沙羅駆のキャラに慣れてしまったのかな? いつのまにか沙羅駆に感じていた違和感がなくなって不思議。

歯医者が苦手な賢正萌え

またまたやってきました! 第5話の拗ねる賢正に引き続き、歯医者の椅子の上でぎこちなく口を開ける賢正! 歯医者が苦手なことを一生懸命伝えようとするも、おじいちゃん先生に押されて素直に口を開けています。
あーもうこのシーン何回も観てしまいました。可愛すぎる!

アクションシーンでヌンチャク的な動きをしている賢正もかっこいいけど、個人的にはかわいい賢正がもっと見たいです。

その他のストーリーあらすじと感想はこちら

織田裕二/ディーン・フジオカ ドラマ IQ246第1話 のあらすじネタバレと感想
織田裕二/ディーン・フジオカ ドラマ IQ246第1話 のあらすじネタバレと感想
IQ246第1話 のあらすじネタバレと感想をご紹介! 2016年10月スタートのドラマ 日曜劇場 IQ246第1話、天才貴族・法門寺沙羅駆(ほうもんじ しゃらく)役の織田裕二さんが話題ですが...
IQ246第2話 のあらすじネタバレと感想|織田裕二/ディーン・フジオカ
IQ246第2話 のあらすじネタバレと感想|織田裕二/ディーン・フジオカ
IQ246第2話 のあらすじネタバレと感想をご紹介! 2016年10月23日放送のIQ246第2話のあらすじと感想をご紹介! ゲスト出演者は佐藤隆太さん! 人の良さそうな進学塾の講師役ですが、...
IQ246第3話 のあらすじネタバレと感想|気になる賢正の過去の恋
IQ246第3話 のあらすじネタバレと感想|気になる賢正の過去の恋
IQ246第3話 のあらすじネタバレと感想をご紹介! 2016年10月29日放送のIQ246第3話のあらすじと感想をご紹介! ゲスト出演者は観月ありささん! 賢正は過去に恋をした女性、滝乃川美...
IQ246第4話 のあらすじネタバレと感想|天空の密室殺人と燃えよドラゴン
IQ246第4話 のあらすじネタバレと感想|天空の密室殺人と燃えよドラゴン
IQ246第4話 のあらすじネタバレと感想をご紹介! 2016年11月6日放送のIQ246第4話、ゲスト出演者は国仲涼子さん! タワーマンションで医師の男が殺される事件が発生。被害者は背中を二...
IQ246第5話 のあらすじネタバレと感想|賢正が拗ねる!抱きつかれる!
IQ246第5話 のあらすじネタバレと感想|賢正が拗ねる!抱きつかれる!
IQ246第5話 のあらすじネタバレと感想をご紹介! 2016年11月13日放送のIQ246第5話、ゲスト出演者は成宮寛貴さん! ヘッドセットをつけて踊るように飛び降りたアーティストの番田。新...
IQ246第6話 のあらすじネタバレと感想|ついにマリアTの正体が…?
IQ246第6話 のあらすじネタバレと感想|ついにマリアTの正体が…?
IQ246第6話 のあらすじネタバレと感想をご紹介! 2016年11月20日放送のIQ246第6話、ゲスト出演者はMEGUMIさん! 宝くじを巡って行われる殺人事件、それは売れない画家が身内を...
IQ246第7話 のあらすじネタバレと感想|ベテラン女優の嫉妬
IQ246第7話 のあらすじネタバレと感想|ベテラン女優の嫉妬
IQ246第7話 のあらすじネタバレと感想をご紹介! 2016年11月27日放送のIQ246第7話、ゲスト出演者は山口紗弥加さん! 若手女優が殺される事件が発生。犯人は別の女優をつけまわすスト...
IQ246第8話 のあらすじネタバレと感想|賢正が跪いて靴を脱がす
IQ246第8話 のあらすじネタバレと感想|賢正が跪いて靴を脱がす
IQ246第8話 のあらすじネタバレと感想をご紹介! 2016年12月4日放送のIQ246第8話、ゲスト出演者は稲垣吾郎さん! 殺人事件の容疑者として沙羅駆が逮捕されてしまう。賢正と奏子は沙羅...
IQ246第9話 のあらすじネタバレと感想|沙羅駆を抱きしめる賢正…!
IQ246第9話 のあらすじネタバレと感想|沙羅駆を抱きしめる賢正…!
IQ246第9話 のあらすじネタバレと感想をご紹介! 2016年12月11日放送のIQ246第9話、マリアTが死亡を装い留置所から逃げ出した。沙羅駆はそのトリックを見破るが、マリアTは意味深な言...

『IQ246〜華麗なる事件簿〜』について

ストーリー

やんごとなき貴族の流れを汲みながらも、時の権力とは無関係に、
代々、ありとあらゆる学問のみを探求してきた、法門寺家。
その幅広い知識は連綿と法門寺家当主にIQ246という異能をもたらし、
現89代当主・法門寺 沙羅駆へ継がれていた。

「ああ、暇だ暇だ。どこかに私が解くに値する謎がないものか…。」
常に暇を持て余し、自らが解くに値する”謎”を求める沙羅駆が、
世間にはびこる難事件をIQ246(超遺伝頭脳)で鮮やかに解決!!
今ここに天才貴族 法門寺 沙羅駆が降臨する。

キャスト

法門寺 沙羅駆:織田裕二
やんごとなき貴族のご落胤の末裔の末裔の末裔…。法門寺家の長男で89代目当主。

和藤 奏子:土屋太鳳
正義感が強く、人の役に立つ仕事がしたくて警察官を目指す。

89代目 賢正:ディーン・フジオカ
沙羅駆の育ての親の息子で法門寺家に代々執事として仕える。

山田 次郎:宮尾俊太郎
捜査一課の刑事。灘、東大、ハーバードを常に首席で卒業した超インテリ。

今市 種子:真飛 聖
捜査一課の刑事。現場のたたき上げ。山田とコンビを組む。

法門寺 瞳:新川優愛
沙羅駆の妹。後妻の娘で、沙羅駆とは異母兄妹だが、あまり気にしてない。

足利 尊氏:矢野聖人
森本朋美のアシスタント。ちょっと変態?

棚田 文六:篠井英介
警視総監。和藤奏子を法門寺家の護衛係という名目で、沙羅駆が警察の捜査に首をつっこまないように監視させる。

88代目 賢丈:寺島 進
賢正の父親。沙羅駆の育ての親。

森本 朋美:中谷美紀
一見とても地味な法医学専門医 監察医。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

いいなと思ったらシェアしてね!

よかったらフォローしてね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク