双連〇仔湯でピーナッツ粉餅を食べたよ!台北にある老舗甘味

いいなと思ったらシェアしてね!

ピーナッツ粉餅
言わずと知れた台北の有名店「双連〇仔湯」でピーナッツ粉餅を食べてきました。台北に行くと必ず行ってしまう甘味のお店です。ピーナッツの粉がかかった白玉風のお餅はもっちもち食感で忘れられない味。現地の人にも愛されているお店ですが、日本語OKで店員さんも親切なので安心して台北グルメが楽しめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

双連〇仔湯でピーナッツ粉餅を食べたよ

台湾旅行に行くと必ず寄ってしまう双連〇仔湯でピーナッツ粉餅を食べてきました。夕方ごろに行きましたが、席はほとんど満席。現地の方がおやつを食べていました。カップル、おじさん一人、年配の方のグループなどなど、幅広い年代に愛されているお店です。
日本にも支店できないかなぁ…。

日本語メニューあります

日本語メニュー
日本人だとわかると日本語メニューを持ってきてくれます。そして笑顔で接客してくれるので安心感がすごい。
メニューは全部写真付きでわかりやすいのもありがたいですね。

注文は紙に書いて渡すシステム

注文票
メニューに番号が振ってあるので、その番号と照らし合わせながら注文票に記入します。
この注文票に記入するスタイルは台湾ではよく見かけます。言葉がわからない旅行者にとってはすごく便利ですよね。間違いもないし。

今回はピーナッツ粉餅と温かいお汁粉にしました。

名物 揚げピーナッツ粉餅2個 75元

ピーナッツ粉餅

ピーナッツ粉餅2個を注文しましたが、2人で行ったためか一個ずつお皿に分けて持ってきてくれました。なんて親切なの!!

このお餅、見た目は完全に日本のお餅ですが、食べてみると「もーーーーっちり」な不思議な食感。白玉とお餅の間のような感じです。低温の油で揚げているようですが、脂っこさはまったくなく、ホワホワのモチモチ、おいしいです。
大きさは日本の大福よりちょっと大きいくらいかな。

お茶

お茶もサービスで頂きました。

あずき・ピーナッツ・タロイモ・白玉 80元

台湾のお汁粉

あずきとピーナッツ、タロイモ、白玉が入ったお汁粉です。ちょうど九份で食べた芋圓に近い優しい甘さ。

台湾のお汁粉2

透明な汁の中にこんな感じでゴロゴロ…いろんな味と食感で飽きることなく食べられます。この、ほの甘い感じ本当好きです。冬に食べるデザートとして日本でもぜひ普及してほしい…!

双連〇仔湯について

双連○仔湯

住所 台北市民生西路136号
営業時間 11:00~23:00
定休日 月曜日

台北ナビの紹介記事はこちら
※ 情報は掲載当時のものです。

おわりに

観光ついでにふらっと立ち寄れる台北の甘味処を紹介しました。日本の甘味とはまた一味違った台湾らしい優しい甘さのスイーツが楽しめます。お店もきれいで日本語も通じますし、なにより美味しいので、今後もきっと通ってしまうお店になると思います。あー日本に出店しないかなー。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

いいなと思ったらシェアしてね!

よかったらフォローしてね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク