カルテットにハマった!会話劇で魅せる挫折した大人たちの同居生活

いいなと思ったらシェアしてね!


カルテット、観てます。逃げ恥の時間帯だったので、なんとなく見始めたドラマですが、面白いですね!このドラマ。派手さやインパクトはないですが、じわじわハマってニヤニヤしながら観てしまう…。高橋一生さんも、松たか子さんも、満島ひかりさんも、松田龍平さんも、よくぞここまで演技の上手な役者さんをそろえたなーという感じ。言い回しやさりげない伏線から目が離せません!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カルテット にハマった!

ドラマ カルテットについて

脚本 坂元裕二

松たか子 満島ひかり
高橋一生 松田龍平

人間ドラマの名手・坂元裕二と、
30代を代表する4人の実力派俳優陣との豪華な共演が、
この冬、実現!恋、涙、笑い、秘密、嘘が入り乱れ、
ほろ苦くて甘いビターチョコレートのような
大人のラブストーリー×ヒューマンサスペンスをお届けします!

TBS 火曜日夜10時~放送

挫折や後悔を抱えた大人4人の生活

もう若くはない男女4人がひょんなことから同居生活を始めるところからドラマは始まります。みんな弦楽器を弾く音楽家…一見すごい人たちに見えるんですが、楽器が弾けるからって食べていけるとは限らないんですよね。夢が夢のまま大人になってしまった残酷な現実がそこにはあります。その、諦めないといけないのに楽器を手放せない感じ、30過ぎてくると共感できる人が多いんじゃないかなーと思います。

若いころは無邪気に夢を語れたのにね…なりたいものになれる人は少ない。

普段は明るく楽しくふざけあいながら生活を送っている4人ですが、ちょっとしたことでそういう心の闇や残酷な現実を突きつけられた時の演技が本当にうまい! この年になると、泣きじゃくったり、当たり散らしたりできないもんね…ただただ、静かに受け入れるしかない表情に心臓をわしづかみされたような気持になります。

悲しいとか、辛いとか、そういう言葉では表現できない、「どうしようもない」感情の表現がイイです。

「常識」とか、「大人として」とか

4人はそれぞれ性格も違って、それぞれ強烈な個性を持っています。でもみんなに共通しているのが、「大人げない」っていうところ。普通大人としてそれはどうなんだ?って言いたくなるところでも、平気な顔してるのが面白い! そして周りもそんな相手をブツブツいいながら受け入れちゃう(笑)
年を取ったからといって、「大人」になれるわけじゃないし、年を取ったからってしっかりしているわけじゃないよね。っていう、優しさがあって、社会に出ると「ちゃんとしなきゃ」とか自分で自分を抑圧してしまいそうな気持ちを理解しあっているような気がします。

大人だって、だらしなかったり、間違っててもいいじゃないか、って。

それはきっと、登場人物の4人がそれぞれ、今までその「大人として」の呪縛や、過去の失敗、後悔に苦しめられてきたからなのかなぁと思います。大人だって許されたいんだ!

高橋一生さんセクシーすぎませんか?

信長協奏曲でちょっと気になってた高橋一生さん、カルテットでは癖のある役どころですが、ちょっとセクシーすぎませんか? 演奏前にシャツの胸元を開けるシーンや、「ウルトラソウル」のパンツをみんなに披露するシーンなど、ご褒美ショットがたくさんで悩殺されそう(笑)

いっつもふざけてるけど、ふと真面目なこと言うときの目線なんか、全国の女子たちメロメロなんじゃないかなぁと思います。腕まくりした逞しい腕もステキ♥ 大人の色気出てますね~。

すずめちゃんの衣装がかわいい

満島ひかりさん演じる「すずめちゃん」の衣装が毎回個性的でかわいいです。満島さん自身が音楽をやっている人に「いらない服あったらください」と言って集めて回った服なんだとか。

絶対まねできない、すずめちゃんにしか着こなせないファッションです。毎回これも楽しみにしているポイントの一つ。

自由で、だらしなくて、つかみどころのないすずめちゃん。でも本当は臆病で寂しがり屋のすずめちゃん。奇抜なファッションもそんな本心を隠すためのカモフラージュなのかなぁと想像してみたり…。
別府さんのベッドにもぐりこむシーン、パジャマ可愛すぎでしょ~!

ドラマ内で使われる音楽がイイ

エンディングは椎名林檎さん作詞作曲の「おとなの掟」です。ドラマ本編はこの曲を聴くための壮大な前振フリかと思えるほどの名曲(笑)おとなの掟は公式サイトで視聴できます。

http://www.tbs.co.jp/quartet2017/movie/

そのほかにも、センスの良い音楽がところどころに使われていて、なんとなく大好きだったドラマ「あしたの、喜多善男〜世界一不運な男の、奇跡の11日間〜」を思い出します。オシャレなんだよね、ちょっとした音楽が。そういえば喜多善男にも松田龍平さんが出ていましたね。

そして、それぞれの登場人物が自分の心情を音楽にのせて表現するシーンがあります。言葉で言えない気持ちを情熱的な演奏に変えて吐き出す。こういう表現にウルっときます。

おわりに

第4話まで放送されたカルテットの好きなところをまとめてみました。視聴率の低迷がニュースになっていますが、繰り返し観てるとジワジワしみ込んでくるいいドラマだと思います。片思いとか、サスペンス要素とか今後も展開が気になる! 個人的には高橋一生さんが誰を好きになっていくのかに注目したいと思います(笑) セクシーシーンに期待♥

スポンサーリンク
スポンサーリンク

いいなと思ったらシェアしてね!

よかったらフォローしてね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク