東京豆花工房 に行ってきた|台湾で食べるよりおいしいかも

いいなと思ったらシェアしてね!

東京豆花工房
東京豆花工房 に行ってきました。本格的な台湾の豆花が食べられるお店です。トッピングの種類も豊富で、もしかしたら台湾で食べるよりおいしい豆花なんじゃないかなと個人的には思っています。台湾に行けなくても、都内に台湾を感じられるお店がありますよ! 忙しくて台湾に行けなくてお悩みの方はぜひここで台湾を感じてください♥

スポンサーリンク
スポンサーリンク

東京豆花工房 に行ってきた。

場所は神田にあります

東京豆花工房の外観

東京豆花工房のお店は神田にあります。淡路町駅から歩いて3分のところ、有名なお蕎麦屋さん「かんだやぶそば」の向い、甘味処の「竹むら」の裏です。
お店は外から見たら蒸気でガラスが完全に曇っていて中が見えませんが、営業中です。近寄ると看板が出ていました。
お店の看板

オープンは2015年12月、訪れたのはちょうどオープンから1年経った頃です。

一周年お祝い

お店には一周年お祝いのポスターが。この赤色、台湾っぽいです。豆花のイラストと言い、センスありますねぇ。かわいい!
お店は小さく、イートインスペースはテーブル2つのみなので、混みあっているときはテイクアウトがいいかもしれません。

メニューは2種類のみ

メニュー

メニューはプレーンとトッピングありの2種類のみ。シンプルです。
プレーンは500円、トッピングは何種類でもトッピングできて650円でした。

トッピング

トッピング2

トッピングはこの日は9種類。日によって違うそうです。何種類トッピングしてもOK、全種類でも大丈夫ですとのこと。

注文したのはもちろん、トッピング豆花

トッピング豆花

迷うことなくトッピング豆花を注文。一人ずつトッピングを選びます。結局7種類くらいトッピングしました。小豆、白玉、タピオカ、ピーナツなどなど。全種類でもよかったかも!
そのあと、シロップを選びます。味は黒糖か生姜の2種類です。私は黒糖にしました。

トッピング豆花2

同行者は白きくらげや緑豆、ピーナツなどをトッピング。店員さん(台湾の方かな?めちゃくちゃきれいな女性の方です)におすすめを聞くと迷わず、「私は生姜が好きです。」とのことだったので、生姜シロップにしたようです。

豆花とシロップがめちゃくちゃおいしい!

種類豊富なトッピングに心奪われましたが、豆花とシロップの相性がめちゃくちゃいいです。豆花が豆豆しすぎずフルフルで、シロップも濃すぎず優しい味。
どんぶりいっぱいの量ですが、あっという間に完食です。もう一杯おかわりしようか本気で悩みました…おいしすぎるよ…。

トッピングはどれも丁寧に作られているようで、これまたおいしいですが、一番はまったのが「はとむぎ」でした。食感がプチプチしてて面白い! 豆花と一緒に食べるといいアクセントになります。タピオカもちゃんと固めで、そうそうこの歯ごたえだよね!と感動してしまいました。

台湾で食べたあの優しい甘さの豆花そのものです、もしかすると、台湾の有名店で食べたものよりおいしいかも?

帰りにお店のカードをもらってきました。あ~本当この豆花の絵がかわいい!

ショップカード

ショップカード裏

東京豆花工房について

東京豆花工房

住所 東京都千代田区神田須田町1-19
営業時間 11:30~18:00
定休日 水曜日

食べログはこちら
※ 情報は掲載当時のものです。

おわりに

しばらく台湾に行ってなかったので、久々に食べる本格的な豆花に感動してしまいました。台湾に行けない時も、東京豆花工房の豆花で台湾気分を味わえますね。お店の方も親切で、ほっこりあたたかい気持ちになれるお店です。個人的には日本で食べられる一番おいしい豆花です!(大げさ?) 違うトッピングも気になるので、通おうと思います^^

スポンサーリンク
スポンサーリンク

いいなと思ったらシェアしてね!

よかったらフォローしてね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク