webデザイン初心者でも独学でプロに近づける方法

いいなと思ったらシェアしてね!

デザインのお勉強のイメージ

私がwebデザイナーとしてお仕事をさせていただいて7年になります。 初めは 「デザイン?なにそれどうやるの?」 状態で使うソフトすら知らない状態でした。 とりあえずwebについて学ぶスクールに通うも、覚えたのはソフトの使い方だけ。 結局のところ、スクールに通ったからと言って実践に活かせるようなスキルはそこでは身につきませんでした。

求人を見てもほとんどが「経験者」のものばかり。 みんな最初は未経験なのに、どうやって経験するんだよーと頭を抱えた頃もありました・・・。

そんな私でも、これまで大手ゲーム会社のサイトや大手ショッピングサイトの店舗ページを担当することができるようになり、「何の仕事をしているんですか?」と聞かれたら、「webデザイナーです」と言えるくらいは経験を積むことができました。

そんな私が未経験からスキルを磨いた方法をまとめました。
※ここで言う webデザイナー ・ webデザイン はデザインからコーディングまでできることを指します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まずは見る、とにかくたくさん見る! 見る! 見る!

ウェブデザインをたくさん見るのイメージ

webデザイナーとしてお仕事をするには、サイトを一から構築できなければいけません。 でも一から作るにも、何をどう作ればいいのか全くのノープラン。 これではデザインをしようにも、支離滅裂になって成立しません。

フォトショップを開いてぼーっと眺めていても何も浮かばない・・・ そんな中まず私が思い立ったのは、 「他のサイトをひたすら見る」 ことでした。

こんなサイトを作りたい、と思ったら、そのサイトのキーワードで検索し、ひたすら見まくります。 「かわいい webデザイン」とかでもいいですし、 「不動産 ホームページ」 とか、なんでも自分の中にある漠然としたサイトの構想を検索しました。

今は秀逸なサイトを集めたまとめサイトも多くありますので、それを活用するのも手ですね。 
もし 「まずはバナーを作りたい」 ということなら、グーグルの画像検索で探してみるのもいいでしょう。

気に入ったサイトを見つけたら、ソースを見てどのように組まれているかもじっくり見ます。 (これが結構それぞれ違って楽しい!)

膨大な量のデザインを見ていると、いくつかの共通点があることに気が付きます。 画像を大きく使うのか、色は何種類使うのか、フォントのサイズ、グローバルナビの位置など。 そのデザインはなぜそうなっているのか、どんな意図でそのデザインが作られているのか、見やすいサイトと醜いサイトの違いは何か、表示速度の違いなど。 なんとなくわかってくると思います。

そういったたくさんの技術の引き出しを自分の中に持つことが、デザインを起こすとき、コーディングをするときのヒントになると思います。

気に入ったサイトをまねて作ってみる (練習用)

模倣する のイメージ

これはスクールに通っていた時の卒業試験として受けた内容にもなります。課題は 「このサイトを全く同じように一から作ってください。」 というものでした。

見よう見まねで作るものの、最初はすっごく時間かかりました(笑) たぶん今なら半分以下の時間で作れそう・・・。 作っているうちに、フォトショップの使い方が本当の意味で身についていく感覚がありました。 レイヤーは、効果は、カラーは、どうやれば早いのか、簡単なのかを考えながらデザインを組み立てていくとよいです。

美しいデザインはもちろん、現場では 「時間」 もかなりの比重で求められます。 趣味で作るならじっくり作ってもいいですが、お仕事では納期が常について回る。 そのことを意識しながら作りました。

自宅でも空いた時間に、 「お、このサイトかっこいい!」 と思ったものは、デザインをすべて真似て、コーディングをして全く同じものをたくさん作りました。
※言わずもがな、これを公開してしまうとパクリになってしまうので、必ずローカルで作業し練習だけにしましょう。

美しい、かっこいい、見やすい、そんな優れたサイトを真似ているうちに、フォントの大きさや配置、色の組み合わせ、コーディングのルールなどのポイントが体に叩き込まれてきます。 見て覚えたものを実際に作ってみる。このサイトを一から何種類も作るという工程は、実際のお仕事をしていくうえでのスピードを身に着ける上で非常に役に立ちました。

継続は力なり、辞めないことが一番大事

継続は力なりのイメージ

実はこれが一番難しい! 最後のコツは「諦めないで続けること」です。 最初はみんなのデザインがすごくて、いちいち落ち込みます。 あーなんて自分のデザインはださいんだろうって、せっかく時間をかけて作ったサイトをぜーんぶ消し去ったことも一度や二度ではありません(笑)

でも、よく言われることですが、 「最初からプロだった人はいない」 のです。みんなそうやって挫折して落ち込んで、そこから這い上がってまた勉強して、お仕事している人がほとんどだと思います。

webデザインはトレンドによって、テクノロジーによって、新しいシステムによって、年々めまぐるしく変化します。 お仕事をしながら、新しい技術やデザインを勉強しなければいけません。 「ここまでできるようになったからOK」 というラインは、悲しいことにないのです。

私自身も7年たった今でも 「まだまだ勉強不足だなー」 とか 「うかうかしているとトレンドにおいて行かれそう」 と焦ることばかり。 これからどんどんwebの発展スピードは加速していくような気がします。他のサイトを見て「なにこれすごいデザイン力高い・・・」と落ち込むこともいまだに多い(涙)

でも7年間落ち込みながら挫折しながら 「もうこんな仕事やだー」 と思いながら続けてきて、 「かっこいいデザインだね」 とか、 「今度お仕事頼みたい」 と言ってくれる方々に出会え、ありがたいことにwebのお仕事を続けられることができました。

webデザイナーのお仕事をしたいと思ったら、ダサいと言われようが、遅いと言われようが、 「よし、じゃあそれを改善するにはどうすればいい?」 と考えて、とにかく続けましょう。 それは、一旦作ることから離れてしまうと、びっくりするぐらい作れなくなってしまうからでもあります。筋トレと同じ(笑)

続けることであなたに見えてくる世界がきっとあるはず。

おわりに

上記でご紹介した3つのコツは、きっと他のデザイナーさんも行っていることで、7年たった今でも私が続けているものです。 数えきれないくらいのサイトを作ってきた今でも、見て・真似て作ってみるとたくさんの発見があり勉強になります。

web制作は面白いです。 だからこそ、webデザイナーやってみよう! と思っているあなた、一緒に楽しいwebデザインしましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

いいなと思ったらシェアしてね!

よかったらフォローしてね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク