宮島 あなごめし 発祥のお店「うえの」はお弁当で持ち帰りがおすすめ

いいなと思ったらシェアしてね!

あなごめし「うえの」の外観

広島・宮島グルメは数多くありますが、その中でも外せないのが、あなごめし です。宮島への入口である「宮島口」に あなごめし 発祥のお店「うえの」があります。「うえの」の あなごめし を食べるならお弁当がおすすめ!
お弁当を買って 厳島神社へ行くのもアリですね~!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

あなごめし うえの について

創業明治三十四年 駅弁 あなごめし うえの

「あなごめし」は、上野他人吉が、宮嶋駅(明治30年開通)の駅売弁当として販売したのがはじまりです。

他人吉は明治の中頃、宮島でお米の商いをしておりました。その後、機会があって、宮島口の駅前参道に茶店を開業、その茶店を起点に駅弁あなごめしは誕生しました。当時穴子がたくさん獲れていたこの宮島近海では、昔から地元の料理としてあなごどんぶりがございました。茶店にも一品として旅人を楽しませていたことでしょう。江戸時代の芸藩通史にも当地の穴子の美味しさが書き伝えられております。

宮島の名物だった「あなごどんぶり」をお弁当にしたのが「あなごめし」なんですね。 あなごめしというと、どんぶりにあなごがのったものを思い浮かべそうですが、元々お弁当をさしていたのです。

お弁当がオススメなわけ

駅弁として生まれた あなごめし だから

あなごめしは元々駅弁として始まったものなので、せっかくだからお弁当で食べるおいしさを味わいたい! 明治時代の旅人になった気分になりきりましょう。

お弁当にこだわりがあるから

うえののホームページにはこんな記述があります。

焼きたての穴子と炊き立ての味飯が、経木の折箱に詰められて冷めていくうちに味がはっきりとして美味しくなっていきます。経木の折箱の底から味飯の水分が抜けてゆくと同時に、穴子の蒲焼の旨みをご飯が吸い取ってくれるのだろうと思います。二時間位時を置いて冷めはじめるころ味が濃く感じます。ご飯の味加減もそれを踏まえての濃さとしていますので、炊き立ては薄味に感じられ、洗練されていると言う評価や、物足りないという思いにもなってしまいます。吟味した穴子の旨みをじっくりゆっくりと味を引き出すようにお召し上がり下さい。

お弁当の箱にもこだわって、そして時間が経ったころが一番食べ時になるように作られているんですね。出来立てを食べるのではなく、おいしくなるまで待つ贅沢が味わえます。

うえの はとても混雑するから

私が行ったときは、お店で食べようとするお客さんで待合室はいっぱいでした。いつ食べられるのか気が遠くなるレベル。お弁当はあなごが焼きあがる30分程度を待って、ほかほかのものがいただけました。
うえの のすぐ横に「上野商店」というカフェがあって、その入り口が待合室になっています。 エアコンも聞いていて、座って広島の歴史の本などを読みながら待てます。雨の日や暑い日・寒い日はありがたい!

宮島にもグルメがいっぱいあるから

あなごめし はボリュームたっぷりです。お店で食べると一人一品注文して、お腹いっぱいになってしまう。お弁当なら残りは持ち帰ってもいいし、誰かと一緒ならシェアして食べてもいい!

お弁当の あなごめし はこれだ!

あなごめし 包みのイメージ

注文したのはレギュラーあなごめし弁当。サイズによって4種類ありますが、これは創業当時の基本サイズです。
こんな、風情ある包装紙で包まれています。このデザインは大正時代に使われていたものなんだとか! オシャレですね。

あなごめし 箸の文言イメージ

箸袋にはこんな言葉が。

朝の舟の上、漁をおえた漁師たちが獲れたてのあなごをさばいて焼き上げた昔のことなどを想いながら、箸を持っていただければ幸甚に存じます。

あなごめし のイメージ

ふんわりしたごはんの上にあなごがびっしり! 食べたのはちょうど1時間くらい経った頃でしたが、ほんのりあたかかく、あなごは香ばしく、あなごってこんなにおいしいのか!と感動しました。

1時間経ってるのに、ごはんベチョベチョじゃないんですよ。あなごもしっとりふんわりしてる。これはお弁当でしか味わえない不思議な感覚です。

あなごめし うえの 基本情報

あなごめし の価格と種類

お弁当はお店の入り口にある小窓から注文します。
特上あなごめし弁当 2376円(2200円税別)
≒4分の6サイズ

レギュラーあなごめし弁当 1944円(1800円税別)
=4分の4サイズ 創業以来の形

小サイズあなごめし弁当 1728円(1600円税別)
≒4分の3サイズ

ミニあなごめし弁当 1404円(1300円税別)
≒4分の2サイズ

アクセス

うえの

広島県廿日市市宮島口1-5-11
営業時間  【食事】10:00~19:00
【弁当の受け渡し】9:00~19:00

定休日 年中無休(水曜日は弁当のみ)

公式サイトはこちら
※ 情報は掲載当時のものです。

おわりに

宮島にもあなごめしのお店はたくさんあり、せっかくなら宮島に渡って食べようかとも思っていたのですが、発祥のお店ということでここに決めました。駅からちょっとだけ歩きますが、本当においしいあなごを食べることができます。
お弁当を買って、宮島観光へでかけましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

いいなと思ったらシェアしてね!

よかったらフォローしてね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク