こだま は車内販売なし!停車中にホームで買える静岡・新富士の駅弁

いいなと思ったらシェアしてね!

こだま の車窓からのイメージ

前もって買うの忘れても結構平気なものです!

こだま で駅弁を楽しもう!
新幹線で遠出するときの楽しみと言えば・・・! ズバリ駅弁ですね~。 前もってデパ地下なんかで買いこむのもよし。 駅でちょっと奮発して豪華なお弁当を買うもよし。 旅が始まるぞ~ってテンションが上がる瞬間です。 今回、こだまが他の新幹線に抜かれる停車時間を利用して、ホームにダッシュして駅弁を買ってみました。 意外と余裕で買えるし選択肢も多かったです。(おいて行かれたらどうしようってめちゃくちゃ焦ったけどね・・・)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こだま は車内販売なし、でもホームもすごい人!

お盆やお正月など、混雑する時期はチケットを買うのもホームにたどり着くのも一苦労・・・。 スーツケースなんて持っていたら、ペットボトルひとつ買うのも大変!
実際にお盆時期、東京駅や品川駅の売店には長蛇の列ができ、発車時刻を気にしながら慌ただしく食べ物を購入している人をたくさん見かけます。

もう車内販売でいいか~と諦めるのも一つの手です。 車内販売はあったかいコーヒーもあるし、アルコールもお菓子もアイスだってある。

でもでも!!東海道新幹線のこだまは車内販売が中止になり、なんと自販機すらないという悲しい状況・・・ 私はよくこだまを利用するので、かなーり不便です。 でも大丈夫! こだまは停車時間が長い駅が多いので、ホームに降りて買ってきちゃえばよかったのです。

まずは上りの静岡駅から ~大御所弁当 760円~

大御所弁当パッケージのイメージ

もう名前からしてゴージャス!

上りの静岡駅では、どちらにもダッシュで行けるように、6号車の出口で待機しました。 すると降りたところにちょうどコンビニのような売店が!! 中に入ってみましたが、お弁当はなく、お土産とかお菓子、飲み物がメインの売店でした。 これじゃだめだーと売店を出て、7号車の方向へ向かっていくと、ありました!駅弁屋さん。

10種類弱ほどのラインナップでしたが、 「大御所弁当」 という名前とそのパッケージに惹かれて購入。 私の前に二人ほど、同じく新幹線から降りてきて購入している人がいて、「やばい間に合うか?」と焦りましたが、そして店員さんが思いのほかスローでもうダメかと思いましたが、意外と余裕で間に合いました。
(店員さんが 「焦らなくて大丈夫よ~まだプルルルーって鳴ってないもの~」 って言ってましたが、ここで鳴ってたらもう遅いでしょー!って思ったのは秘密です。)

車内に戻って念願の試食タイム。

大御所弁当の中身のイメージ

食後のデザートまで!!

お赤飯と鯛の甘いそぼろごはん、ワサビ漬けも付いていました。そして何より感動したのが、安倍川もち! 駅弁の中に安倍川もちが入っているとは・・・さすが大御所ですね。って感動してしまいました。
これで760円って安いな~また食べたいな~と静岡気分を味わいました。

器も可愛い!新富士駅で2個目を購入 ~竹取物語 1,050円~

駅弁竹取物語パッケージのイメージ

竹の籠に入っていてかわいい!!

続いて新富士でまた5分程度の停車です。 今回も6号車付近で待っていましたが、5号車らへんにありました! 駅弁屋さん。 今回は器のかわいさに惹かれて 「竹取物語」 という駅弁にしました。

パッケージには 「JR東海 社長賞受賞」 と書いてあります。 なんか期待できそう・・・!
もうお腹いっぱいだけど、試食ターイム!

駅弁竹取物語の中身のイメージ

なんかとっても・・・上品っ!

落花生ごはんの上に、しいたけとかタケノコとかホタテとか、たくさんの具がのっています。 味付けは上品で、それぞれの素材の味がちゃんとする、贅沢な駅弁だなぁという感じでした。 おなかいっぱいのはずだけど・・・どんどん食べられちゃいます。 落花生ごはんがまた、ほくほくして美味しい。
そこまで量は多くないので、小食の方にもオススメ。 まさに女性向けの見た目にも美しい駅弁でした。

さいごに

前もって買っておいたお気に入りの駅弁もいいけれど、停車時間でダッシュして買いに行く駅弁にはなんだかよくわからない達成感がありました。 その分、よりおいしく感じたような・・・。 どんなラインナップかわからない上、時間も限られるので、一期一会感がすごかったです(笑)
今回は同行者がいたので、席を離れている間は荷物を見ていてもらえましたが、ひとりの場合は貴重品には十分注意して、ホームへダッシュ!してくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

いいなと思ったらシェアしてね!

よかったらフォローしてね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク