2018年・台中の逢甲夜市で絶対に食べるべき屋台グルメ!豚の丸焼きロールなど[口コミ]

いいなと思ったらシェアしてね!

逢甲夜市
台中にある逢甲夜市で食べ歩き。 前回訪れた際には見かけなかった屋台がたくさんありました。 豚の丸焼きロールやハムのネギ巻き、かわいいイチゴ飴などなど。 おなかがいっぱいになっちゃうのがもったいないくらい美味しいB級グルメの宝庫でしたよ~! これから逢甲夜市に行く方は是非参考にしてみてください~。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018年・台中の逢甲夜市で食べ歩き!

豚の丸焼きロール 90元

豚の丸焼き
今回の食べ歩きで一番おいしくて感動したのがこれ! 正式名称はわかりませんが…豚の丸焼きが目印です。 

注文するとおそらく小麦粉でできた生地を薄く延ばして油の中へ、そして生卵も油の中へそのまま割り入れてました。 

屋台

生地と卵が揚がると、そこへ玉ねぎやキュウリなどの野菜、豚の丸焼きを削り落とした肉をこれでもかとのせます。 そしてピリ辛なソースをビューっとかけてクルクル巻いて完成!

豚の丸焼きロール

このボリューム、すごいです。

豚の丸焼きロール

野菜のシャキシャキ感と柔らかくて香ばしい豚肉が合う! ピリ辛のソースもいい感じです。 生地が揚げたてなのでかなーり熱くてサクサクなので出来立てを食べるのがBESTです。

豚の丸焼きロール断面

食べかけで申し訳ないですが、中はぎっしり具が詰まっています。 思ったよりも野菜が多いのであっさりめで完食。 帰りに買って帰ろうか本気で悩むくらい美味しかったです。

ちなみに、台北の士林夜市でも同じ屋台を見かけて買ってみましたが、逢甲夜市の方が断然おいしかったです。 同じものを使ってそうですが、なんだろう、ソースの配分とかなのかなぁ。 逢甲夜市にこれを食べるためだけに行ってもいいと思える美味しさでした。

香葱肉巻 葱の肉巻き 150元

葱の肉巻き

見ての通り、葱の肉巻きです。 お肉というよりハムに近い薄いお肉で大量のネギが巻かれています。 

葱の肉巻き

この旗が目印。 結構大きく場所をとって屋台を出していたのですぐにわかると思います。

葱の肉巻き屋台

ショーケースには肉巻きがいっぱい!

葱の肉巻きの味付け

注文時に好きな味付けを言うと、いい感じに焼いてカットしてくれます。

葱の肉巻き断面

お肉は台湾のソーセージと同じでやや甘めの味が付いていて、あぁ台湾のお肉だ…!と嬉しくなります。 台湾の加工肉ってみんな甘くておいしいですよね!
葱がたっぷりなので、葱好きな私にとってはたまらないごちそうです。 日本の屋台でもあったらいいのになぁ。

いちごあめ 60元

イチゴトマト飴

デザートにいちご飴です。 正確にはイチゴとミニトマト飴かな? これはどこの夜市でも見かけるポピュラーな飴ですね。

総合水果

総合水果 60元を注文。 イチゴだけ、トマトだけの飴もありました。

イチゴトマト飴

袋に入っているのでわかりづらいですが、かなりの長さ。 この袋ごと一つずつイチゴを押し出して食べるようにお店の方が教えてくれました。 ベトベトするからね!
イチゴは結構大きめサイズで食べごたえがあって美味しかったです。 ミニトマトは最初、「あぁトマトに飴か…」と若干の違和感がありましたが、2つ3つと食べ進めるとクセになってくる味です。 体に良さそうなスイーツだ…。

帰りはバスで高鐵の台中駅まで

帰りは高鐵の台中駅行のバスに乗って帰りました。 このバスなら一本で楽々です。

逢甲大学バス停

160番の「逢甲大学」バス停にそのバスは来ます。 20~30分に1本くらいの間隔みたい。 前回乗ったときはハイエースみたいな「え?これバス?」みたいな車でしたが、今回は観光バスのような大きなバスでした。 なのでバスだけじゃなくて大きめのバンにも目を光らせておくと良さそうです。

目印はナイキのお店の目の前。

バス停の目印

他のバス停もたくさんあるので人がいっぱいいました。 高鐵の駅までは30~40分くらいかな? 割と時間がかかるので時間に余裕をもって帰るのをお勧めします。

おわりに

逢甲夜市のグルメについてまとめてみました。 逢甲夜市は広大なので、これ以外にも美味しそうなお店がいーっぱい! 行くたびに新たな美味しい屋台を発見できそうな大好きな夜市です。 台中観光のシメにぜひ! ちょっと交通の便が悪いけど、行く価値あり!ですよ~。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

いいなと思ったらシェアしてね!

よかったらフォローしてね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク