東京で食べるいりこ出汁の讃岐うどんなら神田「香川一福」がオススメ!

いいなと思ったらシェアしてね!

香川の「上原屋本店」でいりこ出汁(煮干し)の効いた讃岐うどんを食べて以来、いりこ出汁に夢中になっています。都内に讃岐うどんのおいしいお店はいくつかありますが、ガツンとくる透き通った煮干しの出汁はなかなかなくて…。でも香川一福にはそれがありますよ! 個人的には都内の讃岐うどん屋さんではナンバー1です。濃いいりこ出汁、めちゃくちゃ美味しかった!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

いりこ出汁が特徴の讃岐うどん、神田「香川一福」へ行ってきた

ランチ時はすごい行列

香川一福
平日の12時ごろにお店に到着。ちょうどランチ時でお店の前には10人以上が並んでいました。サラリーマンやOLの方がほとんど。会社の近くにこんなお店があるって羨ましすぎる! 結構時間がかかるかなぁと思いましたが、回転率がいいようで10分くらいで席につけました。

メニューはこんな感じ

ちょっと見づらいですが、メニューがお店のお外に貼ってあります。並んでいる途中にじっくり吟味…。

・かけ(温・冷・そのまま)
小 430円  中 500円  大 570円

・ぶっかけ(温・冷)
小 480円  中 550円  大 620円

・しょうゆ(温・冷)
小 430円  中 500円  大 570円

・釜玉・釜玉バター(+100円)
小 530円  中 600円  大 670円

・肉うどん(温・冷)
小 680円  中 750円  大 820円

・カレーうどん
小 680円  中 750円  大 820円

(うどんの量は小200g 中300g 大400g)

トッピングや天ぷら、おでんやかまぼこ、お酒もあります。

ミシュラン

店頭にはミシュランのステッカーが貼ってありました。すっごー!

注文したもの

店内入口に食券販売機があります。席に着く前に食券を購入。

ひやかけ小 430円 いりこ出汁を感じるならこれ!

いりこ出汁の讃岐うどん
透き通った冷たい出汁のうどんです。麺は細目、冷たいのでコシが強くて食べごたえがあります。
一口つゆを飲むと、煮干しの味がガツンと! そしてすっきりとした旨みがありました。これこれ! 求めていたのはこの出汁なんだ! って思わずニヤリとしてしまう美味しさです。全部飲み干してしまいそうな最高のお出汁、これなら中でも余裕で食べられた…!

ぶっかけ小 480円

ぶっかけ
あたたかいぶっかけうどんです。ちょっと甘めの濃い出汁がかかっています。こちらはいりこ出汁と言うよりは、バランスのとれた複雑な味のお出汁です。添えられているレモンを絞ると、めちゃくちゃ爽やかになって箸が進みます。これもなかなか美味しいぞ…。

トッピング おあげ 150円

おあげ
きつねうどんが好きなので、おあげトッピングを追加しました。見てください、このふっくらのおあげ! だいたいうどん屋さんのあげってぺったんこで濃い目の味付けで、稲荷ずしに使いそうなものがほとんどですが、一福のおあげはふっくらやわらかでめちゃくちゃジューシーです。出汁が効いていて、うどんと食べても、そのまま食べても美味しかった! クオリティ高い!

トッピング とり天 110円


げんこつ大くらいはありそうなとり天です。天ぷらは揚げたてさくさくでした。
胸肉なんだけど、しっとりしていてパサパサ感は一切なし。何もつけなくてもほんのり味が付いていて、さっと出汁につけて食べると絶品です。どうやったらここまでジューシーな胸肉の天ぷらができるんだろう…

かまぼこ 丸天 150円

丸天
香川名物の丸天を注文してみました。これは香川県から直送されているんだとか。冷たいかまぼこです。柔らかめの食感で、お魚の味が濃くて箸休めになりました。これはうどんよりもお酒に合いそうだ。

香川一福について

香川一福

住所  東京都千代田区内神田1-18-11 東京ロイヤルプラザ102
営業時間 11:00~20:00閉店(麺が無くなり次第終了となります。)
定休日 日曜・第一月曜日

食べログはこちら
※ 情報は掲載当時のものです。

おわりに

上原屋に比べてやや細麺ではあるものの、出汁のクオリティは都内ナンバー1の讃岐うどんに出会えました。人気店なので時間をずらして行くとあまり並ばずに食べられるかもしれません。でも並んで食べる価値、めちゃくちゃありますよ! トッピングのクオリティも高いので、うどんと一緒にぜひ食べてみてください。香川に行けない間は、ここで讃岐うどんを食べて気持ちをなだめることにします…(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

いいなと思ったらシェアしてね!

よかったらフォローしてね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク