さとふるでふるさと納税!北海道美唄市の古賀農園のゆめぴりか[口コミ]

いいなと思ったらシェアしてね!

静岡県吉田町の「国産うなぎ蒲焼」に続き、ふるさと納税第2弾。 今度は北海道の美唄市というところの「古賀農園のゆめぴりか」です。 毎日食べるお米だからふるさと納税の返礼品でもらえれば節約できそうな気がして申し込みました。 スーパーでは見かけない「古賀農園のゆめぴりか」、果たしてそのお味は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

さとふるで北海道美唄市にふるさと納税してみた[古賀農園のゆめぴりか]

申し込み後数日で発送されました!

今回のふるさと納税は前回記事にした静岡県吉田町の国産うなぎ蒲焼2尾セットと一緒にさとふる申し込みました。

初めてのふるさと納税、ひとつは贅沢品にしてもうひとつは毎日使うもの、と決めていたので、間違いなさそうで賞味期限も長いお米にすることに。 さとふるにサイトには返礼品がお米の自治体がたくさんありましたが、中でも一番大好きでよく食べているゆめぴりかに決定! 口コミと他よりちょっと量が多かったので、北海道美唄市にしました。

ポチっと申し込んでから3日くらいで発送のお知らせが届き、一週間しないくらいで手元に届きました。 うなぎも早かったけど、お米はもっと早い!!

古賀農園のゆめぴりか

古賀農園のゆめぴりか

段ボール箱にどーんと4キロのゆめぴりかが2袋! 計8キロのゆめぴりかが届きました。
1万円の納税でこの返礼品ってすっごくお得なんじゃないだろうか…。 しばらくお米は買わなくて済みそうです。

古賀農園のゆめぴりか 精米日

精米日は申込日(11月10日)の後、発送の直前です。 こういうの嬉しい!

お米と一緒に生産者の方からのお手紙が同封されていました。

古賀農園からのお手紙

古賀農園でどのようにゆめぴりかが作られているのかが詳しく書かれています。 農薬の使用を減らすために虫の発生状況を調査したり、畦の草を伸びないように刈っていることなど…生産者の方のお米への愛情が伝わる内容です。 大事に大事に育てられたお米なんだなぁ…。

気になるのがそのお味! さっそく届いた日に炊いて食べてみましたが、もっちもちで風味もよく、本当に美味しいゆめぴりかでした。 スーパーで買うのも美味しいけど、これはなんというかもっと上等なお米という感じ。 冷めても炊いてから時間がたってもつやつやモチモチで美味しさがほとんど変わらないのはすごい!

炊いてから時間がたったごはんが苦手で冷凍してましたが、最近では朝ごはんに多めに炊いて、保温したものをお昼ごはんに食べることが増えました(笑)

さとふるの古賀農園のゆめぴりか・新米(平成29年産) についてはこちら

もうひとつのふるさと納税、静岡県吉田町の国産うなぎ蒲焼2尾セットについての記事はこちら↓
ワンストップ特例制度についても書いてあります。

さとふるで初めてのふるさと納税!静岡県吉田町の国産うなぎ蒲焼[口コミ]
さとふるで初めてのふるさと納税!静岡県吉田町の国産うなぎ蒲焼[口コミ]
ずっと気になっていたふるさと納税、今年初めてチャレンジしてみました。 ふるさと納税関係のサイトはいろいろありますが、一番見やすくて探しやすい「さとふる」で手続きをすることに! 税金関係って手続きとかめ...

静岡県吉田町のうなぎと北海道美唄市の古賀農園のゆめぴりかで「ふるさと納税うな丼」を年末に食べようと思います。

さとふるでは自分がふるさと納税できる上限をチェックできます

ふるさと納税で一番注意したいのが、控除上限額。 これを超えて納税してしまうと超えた分は控除されず自己負担になってしまいます。 さとふるでは控除上限額シミュレーションができて、わりと細かく計算できるので思いっきり活用しました。
※控除上限額シミュレーションは所得が年金の方、自営業者の方は利用できないようです。

家族の人数と給与収入を入力するだけでわかる簡単シミュレーションもあります。

が、その下にもっと詳細な内容を入力して計算できる詳細シミュレーションがあります。

源泉徴収票が手元にある場合、総収入金額・給与所得控除後の金額・所得控除額の合計額などを入力していくと自動計算で控除上限額が表示されます。 源泉徴収票のどの欄に当たる項目なのかは?マークをクリックするとわかりやすく説明してあるので、初めてでも簡単!

ただ注意したいのが、これはあくまで目安で住宅ローンなど家庭によって違いが出るものは考慮されていないこと。
下記のように赤字で記載されていました。

※所得控除は基礎控除、配偶者控除、扶養控除などが含まれています。また社会保険料控除、生命保険料控除、地震保険料控除などが考慮されております。住宅ローン控除などは考慮されません。
※あくまで目安であり、より正確な金額を知りたい場合は、税理士等にご確認ください。

私はビビりなのでこの計算で出た額よりもかなーり少な目にふるさと納税する予定です。 控除額超えたら意味ないもんなぁ。

さとふるの控除額上限シミュレーションはこちら
https://www.satofull.jp/static/calculation01.php

おわりに

ふるさと納税第2弾、北海道美唄市のゆめぴりかについてまとめてみました。 今回2つの自治体に申し込みをしてみて、思ったよりふるさと納税って簡単! そして返礼品ってちゃんとしてるなぁと思いました。 特に古賀農園のゆめぴりかは生産者の方からのお手紙も入っていて、行ったことのない美唄市を近くに感じられたような気がします。 いつか行ってみたいなぁ。 ごちそうさまでした!



スポンサーリンク
スポンサーリンク

いいなと思ったらシェアしてね!

よかったらフォローしてね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク