そして誰もいなくなった ネタバレと最終回ストーリー|藤原竜也・伊野尾慧

いいなと思ったらシェアしてね!

c561d52a81b982d24f5890bd0205d95f_s

2016年9月11日放送のドラマ 「そして誰もいなくなった」 のネタバレをご紹介。 最終回に明らかになる真相は。誰がいなくなるのか。 誰が残るのか。 藤原竜也さんの熱演で最終回も目が離せません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

そして誰もいなくなった あらすじ

大手コンピュータシステム会社「株式会社L.E.D」に勤める藤堂新一は、WEB上に拡散する画像や個人情報のデータをすべて消去することができる画期的なソフト「ミス・イレイズ」を開発し、一躍脚光を浴びた。

仕事にも恵まれ、友人も多く、婚約者もいて順風満帆な藤堂新一。 ところがある日、突然会社から「お前は『藤堂新一』を名乗っている偽物ではないか?」と、疑いをかけられ、婦女暴行事件で逮捕された同姓同名の男に自分の名前や銀行、保険証などすべてが結びついているパーソナルナンバーを乗っ取られてしまう。

新一はあらゆる手を尽くしてパーソナルナンバーを取り戻そうと奮闘するが、友人だと思っていた人物の裏切り、婚約者の浮気、信頼していた職場の後輩の裏切りなどを目の当たりにし、ある計画に手を染めていく。

キャスト

藤堂 新一 (藤原 竜也)

本作主人公。大手コンピュータシステム会社「株式会社L.E.D」のシステム開発研究員。

小山内 保 (玉山 鉄二)

新一の親友。総務省のキャリア官僚。

長崎 はるか (ミムラ)

新一の大学時代の元恋人。新一の目の前で窓から飛び降り死亡が確認された。

斉藤 博史 (今野 浩喜)

フリーの法科学研究所職員。新一ともみあいになり階段から転げ落ちた際、誤ってナイフが斎藤の胸に刺さり、死んでしまう。

藤堂 万紀子 (黒木 瞳)

新一の母。(後に新一は夫の連れ子であり、義母であることが発覚する)

倉元 早苗 (二階堂 ふみ)

新一の婚約者。妊娠中だが、その子供の父親が新一か元彼の啓太かどうかは不明。

日下 瑛治 (伊野尾 慧)

新一の行きつけのバー「KING」のバーテンダー兼オーナー。

そして誰もいなくなった 最終回ストーリー

前回ラストでは、新一 (藤原竜也) が暮らしていたアパートで母親の万紀子 (黒木瞳) に背後から襲われるシーンで終わりました。 最終回はその時に日下 (伊野尾慧) から電話が入るところから始まります。
「どう? 殺した?」と電話の向こうから日下の声。

日下は仲間のふりをして、新一の命を狙っていたのです。

古い日本家屋へ連れてこられた新一。 そこには日下の姿が。

新一 「全部君が仕組んでいたのか?」
日下 「さすがに俺一人じゃない。一人じゃ、全部は無理でしょ」

日下の口から驚愕の事実を聞いた新一は激高し、日下にナイフで襲いかかる。
果たして真相は?なぜ周囲の人間は新一を陥れようとしたのか。

最終回ストーリーの予想① 日下の母親は万紀子で、連れ子である新一を恨んだ

万紀子が大切に持っていた写真の男の子が新一ではない、ということが明らかになったため、日下が実の息子である可能性が高い。

万紀子が以前言っていた「新一の味方でいたいけど、いつまで味方でいられるか・・・。」という発言からも、連れ子として新一を愛してはいるが、それを覆すほどの力が働いていると考えられる。イコール 実子の計画に協力する、ということになる?

個人情報を消せるシステムを開発した新一に対して、パーソナルナンバー(個人情報)を持たずに苦労してきた日下が逆恨みして計画を企てたのか・・・。
共犯者は万紀子で、万紀子が他の人物を操っていた・・・?
2階のアパートに一人でいる時点で、実は歩けるのでは?と思いました。

最終回ストーリーの予想② 小山内は二重人格でその他の人間は操られていた

前回に小山内が「力になれるのはここまでだ。」と新一にレコーダーを渡しました。これは小山内がずっと、その日の出来事を録音していたものです。

なぜわざわざ小山内は録音をしていたのか。記録を残さないを忘れてしまうほど記憶があやふやだった → 二重人格で身に覚えのない行動がある?

ドラマ中、新一の味方をしている時と、不穏な動きをしている時、二つの人格があり、なんらかの理由で新一を利用しているのでは・・・?

ツイッターでも盛り上がってます

おわりに

個人的には豹変した伊野尾くんに萌えてます。 最初からいい子すぎると思ってたよ!!

→最終話放送後にあらすじと感想まとめました

スポンサーリンク
スポンサーリンク