洋ナシの効能 と種類 |10月が旬のマルゲリット・マリーラを食べてみた

いいなと思ったらシェアしてね!

洋ナシの効能
洋ナシの効能 と種類をまとめました!
近年スーパーでも普通に見られるようになった洋ナシ。以前長野県の小布施で食べた洋ナシがあまりにもおいしかったので気になっています。調べてみると洋ナシにはたくさんの種類があり、うれしい効能もいっぱい!
食欲の秋に楽しめる果物・洋ナシ「マルゲリット・マリナーラ」を食べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マルゲリット・マリナーラを食べてみた

見た目はこんな感じ

マルゲリット・マリナーラ
グレープフルーツよりも大きい洋ナシです。食べごろの色を見分けるシールが貼ってありました。黄色になったら食べごろです。
表面の色は黄色くなっていてまさに食べごろ!

剥いていきます…

洋ナシを切る

まずは二つに切って、リンゴをむくようにむいていきます。日本の梨よりもだいぶ柔らかいです。そしてすごい水分で瑞々しい!

切った洋ナシ

見た目は日本の梨に似ています。

果たしてその味は…?

梨と桃を合わせたような柔らかさと瑞々しさです。 甘さは強すぎず、酸味もありフルーティーでした。
日本の梨に比べて、ジューシーで芳醇な香りがあり、口当たりはなめらかです。
あまり噛まずに食べられるので、食欲がないときにも良さそう。

以前食べたル・レクチェに比べて、少しざらっとした食感でしたが、これは好みの問題かな…。

洋ナシの効能

洋ナシの成分はほとんど日本の梨と同じなんだそうです。

① カリウムが豊富

カリウムは血液中のナトリウムイオンの増加を防ぎ、高血圧などに良い。可食部100gあたり140mg。
むくみを防止にも効果がありそうですね。

② ソルビトール

甘く冷涼感のある糖アルコール。のどの消炎に効果がある。洋なしではこれによって追熟が起きる。
乾燥する季節、風邪にも効果がありそうです。

③ アスパラギン酸

アミノ酸の一種。疲労回復効果がある。
アスパラギン酸が入っている栄養ドリンクもありますね!

④ プロテアーゼ(タンパク質分解酵素)

消化を助けたり、肉料理において肉を柔らかくしたりする効果がある。
食べ過ぎちゃった日のデザートにも洋ナシはオススメ。そして、余った洋ナシはお肉料理に使えそうです。

洋ナシの種類

マルゲリット・マリナーラ

9月初めには収穫され、食べ頃になる早生種である。1874年にフランスで発見された品種で、名前は発見者から。500g以上となる大型の品種であり、1kg近くになることもある。酸味が少なく、果汁が多い。
出典:Wikipedia

今回食べた大きい洋ナシです。普通のなしの1.5倍はありそうな大きさ。

ラ・フランス

生産量のおよそ7割を占めており、日本における洋なしの代表格である。収穫時期は10月上旬 – 中旬。1864年にフランスで発見された品種だが、気候が合わなかったために現在ヨーロッパではほとんど栽培されていない。外観は悪いが味と香りが良い。追熟による果皮色の変化が小さく分かりにくい。
出典:Wikipedia

洋ナシと言えば「ラ・フランス」が一番有名ですね。お菓子やデザートに使われることも多い品種です。

バートレット

生産量第2位。(ただし2位以下は僅差)8月下旬 – 9月初めには収穫され、9月中旬には食べ頃になる早生種。17世紀にイギリスで発見された品種。日本で生産されている品種としてはかなり縦長の形状である。
出典:Wikipedia

ル・レクチェ

生産量第3位。1882年、フランスでバートレットとフォーチュニーを掛け合わせて作られた品種とされていたが、遺伝子解析の結果、異なることが判明している。しかし、正しい掛け合わせは不明。甘く、香りも強い。また、果皮に「さび」が少なく外観が美しいのも特長。大半が新潟県で生産され、中でも新潟市南区で最も収穫量が多い。追熟におよそ40日間かかるため、10月中旬 – 下旬頃に収穫したあと、市場に出回るのは11月下旬以降となる。傷む直前が最もおいしくなるため、常温の室内に置き香りを楽しみつつ食べ頃を見計らう。主産地である新潟県において「ル レクチエ」という名称で統一することが決められている[2]が、「ル・レクチェ」などと小さい「ェ」や中黒区切りの表記もしばしば見られる。
出典:Wikipedia

長野の小布施で出会った感動的に美味しい洋ナシが「ル・レクチェ」でした。
小布施ハイウェイオアシス 道の駅オアシスおぶせ には農産物直売所があり、10月には新鮮なリンゴや洋ナシが山のように売られています。
試食をしてから買えるので、おいしい洋ナシが買えますよ!

シルバーベル

収穫時期は遅めの10月下旬頃。1957年に山形県園芸試験場で選抜された、ラ・フランスの自然交雑実生。ラ・フランスよりやや細長い形状で、若干酸味が強い。
出典:Wikipedia

おわりに

スーパーでよく見かける洋ナシは「ラ・フランス」が多いですが、今回「マルゲリット・マリナーラ」というあまり見かけない品種を見かけたので食べてみました。果汁が多いのでジュースやコンポートなどいろいろな楽しみ方ができそうです。
食欲の秋、洋ナシの食べ比べしてみたい~!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

いいなと思ったらシェアしてね!

よかったらフォローしてね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク